東住吉キッズなー教室

教室名
東住吉キッズなー教室
住所
546-0043
大阪府大阪市東住吉区駒川1丁目10-21 2F
電話
06-6714-2727
FAX
06-6714-2727
受付時間
時間外は転送にて受付いたします
定休日
日曜日、月曜日、祝日
最寄駅
近鉄南大阪線 北田辺駅 地下鉄谷町線 田辺駅
アクセス
北田辺駅より 徒歩1分
田辺駅より 徒歩10分
対象学年
幼児
小学生
中学生
高校生
その他
指導コース
家庭教師
個別指導
学びの教室

東住吉キッズなー教室へのアクセス

アットスクールの個別指導は完全個別1×1
  • 東住吉キッズなー教室  より
  • 一人ひとりの子どもたちが豊かに健やかに そして幸せに育つことを願いこの教室を開 校することにいたしました。 「将来、自立し力強く生きる力」を身につ けるために一人ひとりのニーズにあった指導 ・必要な支援を行い、地域において共生(イン クルーシブ)社会の実現に寄与することを目指します。

東住吉キッズなー教室からの最新ニュース

2019.10.18
子育てセミナー

日は、阿倍野市民学習センターで子育てセミナーでした。
講師は、桃山学院教育大学教育学部教授の松久先生
『発達障がいのある児童生徒は青年期をどう乗り越えるのか』
〜社会性を育む支援とは〜

発達障がいを抱える子どもが社会に出るために学ぶべきこと。
将来自立するために、社会不適応を起こさない為に学齢期にどう育み育てればいいのか。

長年現場で子どもたちに向き合ってこられた松久先生。
具体的な事例豊富でわかりやすくユニークなお話しで会場が盛り上がりました。

自閉スペクトラム症を中心に、事例を交え特性をわかりやすく説明いただき、支援は一人ひとりオーダーメイドではあるけれど大事なポイントを教えていただきました。

私たちが、例えば英語圏でなく、フランス語圏やロシア語圏、イスラム圏に一人で行ったことを想像してください。(フランス語やロシア語が流暢に話せる人は問題ありませんが)
そこでスマホもなく翻訳機もないことを想像してみてください。
目的地に行きたいけど、誰かに聞くしかない。
話せないし、ひとりぼっち  どうしますか?

自閉スペクトラム症は、『価値観が異文化の世界のように大きく違う』と松久先生。
私たちがひとりぼっちで全く違う国に紛れ込んだような感覚だと言われると理解しやすいのかもしれない。

特別支援教育は、“コツを教えること”と。

ひとりぼっちで、全く知らない異国の地に紛れこんでしまったら・・

看板など視覚に訴えるあらゆるもの、少しでもわかりやすいものを探すと思います。日本語がわかる人を必死で探すと思います。
「何でわからないの‼️」とか「こんなこともわからないの‼️」「さっき教えたやん」ではなく、

『コツを教える』
具体的には
●見通しを持たせる
●視覚支援
●注意喚起
●あいまいな表現は避ける
●大声で怒鳴らない

アインシュタインやビルゲイツ、エジソンやニュートンのように世の中を動かす原動力となる天才も自閉スペクトラム症(gifted)と言われています。

✴︎誰にでも出来ることは出来ないけど、誰にでも出来ないことが出来る‼️

そんなプラスの特性を見いだし、自覚させ生かすような支援をこれからも続けたいと再認識させられた講演でした。

 

子育てセミナー
2019.10.08
台風による10月13日の子育てセミナーの対応について

10月13日(日) 大阪市立阿倍野市民学習センターに於いて

「子育てセミナー」を予定しておりますが、台風19号の影響が

心配されます。

13日(日)午前11時の時点で「大阪市域」に「暴風警報」または

「特別警報」が発令されている場合、セミナーは中止とさせていただきます。

何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

2019.04.23
新学期テスト会

4月20日はテスト会。


個別指導を続けていると、なかなか指導方法を変えることはありません。指導を客観的に見られないからです。

本日テスト会をして新たな発見がありました。
隣で指導している時は、声かけや飽きないように課題を変えたりするので、集中し理解も進みますが、テスト中はそうもいきません。
一問解いては爪をかみ、また一問解いては鼻をほじる。
横に行き、小さな声で「次の問題あるよ」とか「時間無くなるよ」とか声かけします。

一対一じゃない学校もこんな様子なのかなと想像します。
このように普段の指導と違う様子を見ることは新たな発見になり、今後より効果的な指導に繋げなければと思ったテスト会でした。
 

新学期テスト会
2019.03.12
子育てセミナー

3月9日(土) 今回の子育てセミナーは「発達に凸凹のある子どもの指導方法」をテーマに

特別支援教育士、教育カウンセラーのアットスクール鈴木代表のお話でした。

保護者、放課後デイ支援者、広報誌のボランティア記者さん、地域の中学校の校長先生など幅広い方々に

来ていただきました。

子どもの認知特性に合わせた指導、家庭でもできる方法を教えてもらいました。

子育てセミナー
2018.11.13
さつまいも掘り

11月11日  さつまいも掘り&バーベキューを行いました。今年は夏の暑さと台風の影響か、例年より不作でしたが

子どもたちはお芋を見つけると見つけると大はしゃぎで一生懸命掘っていました。

さつまいも掘り

東住吉キッズなー教室オーナーからのメッセージ

2008年5月よりキッズなー教室を始めて以来、約9年。この間、たくさんの生徒と関わり合い、私自身もずいぶん学ぶこともありました。

最初に高校受験をした生徒はもう24歳になり、社会人として働いています。

この間、発達障がいなどを抱え学習に困難を持つ児童生徒に対し、子どもたちの「生きる力を育てる」ことを目的に「子ども一人ひとりのニーズにあった

学習支援、親への養育相談」を行ってきました。

9年やってきて、この事業の必要性をますます確信していますが、一人ひとりが抱える障がい特性の違いがあるので、それぞれののニーズにあった指導ができる講師の確保は絶対必要なことであり苦労もしてきました。

このたび、私が5年前より講師をしていたアットスクールの東住吉キッズなー教室として開校することにいたしました。

「わからない?をていねいに引き出し、育てる教室」として事業を開始し、さまざまなニーズを抱えた子ども達に対して、適切な教育的支援や不安を抱えている保護者の方への支援を続けていきたいと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                            

服部 照子(特別支援教育士)