学びの教室の内容

各クラスのねらい

クラス 時間 対象 ねらい
もじかな 60分 年中以上
  • 正しい姿勢と鉛筆の持ち方を知る
  • ひらがな(50音)の読み書きができるようになる
  • 複数の文字を1つのことばとして認識することができるようになる
  • 数の基礎概念を理解できる
すくすく 60分 年長~小2
  • 文字:ひらがな(濁音、拗音、長音など)カタカナの読み書きができるようになる
  • 国語:語彙を増やし、主語述語助詞を用いた短文を作ることができる
  • 算数:長短比較や時計・単位・形を知る
キンダー 60分 年中以上
  • ソーシャルスキル(ルールやマナー)など、社会性を身につけることに特化したクラス
  • コミュニケーションのとりかたや小集団に参加するスキルを学び自己評価を高める
ソーシャルスキル 60分 小3~小6
  • ソーシャルスキル(ルールやマナー)など社会性を身につけることに特化したクラス
  • コミュニケーションのとりかたや小集団に参加するスキルを学び自己評価を高める
じゃんぷ 90分 小3~小6
  • 語彙を増やす
  • 言葉の決まりを知る
  • 文章の読み方と書き方を知る
  • 個別学習…学校の進度に関わらず、できる所から算数の力を伸ばす
中学受験 90分 小5・小6
  • 国語:物語文や説明文の読解をはじめ、慣用句、ことわざなどの入試必須単元の指導
  • 算数:四則計算、割合、速さ、図形など具体物を活用して入試必須単元の指導
ライフスキル 60分 中学生
(高校生)
  • 自己認識、他者理解、マナーなどライフスキルの習得
  • 思春期の子どもたちが学校や社会で必要とされるスキルの習得し、自己評価を高める

特色

導入・・・視覚発達トレーニングプリント

「見る力」や「目と手の協調性」を養成!
学びの教室では、子どもたちの学習や運動に必要な「見る力」や「目と手の協調性」を養成するため、大阪医科大学LDセンターとアットスクールとで共同開発した「視覚発達支援ドリル」を取り入れた指導を行っています。

共同学習・・・クラスのめあてに応じた教科学習、ソーシャルスキル

理解力・表現力・コミュニケーション力を養成!
語いの増加や文法的な概念形成、聞く姿勢を身につけることを目指したカリキュラムを設定しています。
視覚支援(絵カード・パズルなどの具体物を利用する)によって言語感覚を養います。ソーシャルスキルやマナーなど社会性の獲得を目指します。

授業の流れ

「学びの教室」のひと工夫