発達支援・個別指導・ソーシャルスキル・心理教育相談

  • ホーム
  • 中学・高校入試・模試情報
中学・高校入試・模試情報

キャンペーン情報

「冬を制するは受験を制す」生徒一人ひとりの課題に応じた対策が合格の近道です!

いよいよ入試シーズン本格化!「冬を制するは受験を制す」と言われるようにこの冬、弱点補強や模試の見直し、過去問演習など生徒一人ひとりの課題に応じた対策が得点力のアップ、合格への近道となります。
アットスクール各教室では完全個別マンツーマンの追加指導、冬期講習(草津本部校:対象中3・中2)の募集を行っています。
入塾後、追加指導からスタートすることもできますので、お気軽にお問合わせください。

中学・高校入試・模試情報

中学入試について

児童数が減少しているにもかかわらず、国立・私立中学校の人気には根強いものがあり、あいかわらず入試では厳しい競争が続いています。それには2つの大きな理由があるといわれています。 その1つは、中学校と高校を通して無駄のない合理的な6か年間の一貫教育が行われるため、しっかりした学力が身につき、それが将来の大学進学に有利に働くと考える人が多いということであり、もう1つは、各校の独特の教育方針に基づく情操教育やしつけ教育に賛同し、 生活に規律正しさや厳しさを求めたいと願う人たちが多いということです。

いずれも、国立・私立中学校の特徴を生かした進学についての考え方といえるでしょう。

【公立中高一貫校について】

公立中高一貫校は、1998年6月の「学校教育法等の一部を改正する法律」の成立に基づいて、1999年4月から設置が認められました。2007年4月時点で257校(内公立149校、私立104校、国立4校)になっています。

当初、どの程度集まるのか注目されていましたが、全国的に人気を呈しています。こうした人気の背景には、それまでは費用負担の大きい私立中学校や、数が少ない国立大学附属中学校などでしか行なえなかった6年間の一貫した教育課程や充実した学校環境で学ぶことへの期待があるのだと思われます。

【公立中高一貫校の種類】

中高一貫教育の実施形態については、次の三つがあります。それぞれの特色を生かしながら、生徒や保護者のニーズ、地域の実情等に応じて、設置者において判断・決定されることになります。

  • 中等教育学校

    中高一貫教育の実施形態については,次の三つがあります。それぞれの特色を生かしながら、生徒や保護者のニーズ、地域の実情等に応じて、設置者において判断・決定されることになります。

  • 併設型の中学校・高等学校

    中等教育学校よりも緩やかな形態であり,高等学校入学者選抜を行わずに,同一の設置者による中学校と高等学校を接続します。県が県立高校と県立中学校を併設する。または,市が市立中学校と市立高等学校を併設する場合等が該当します。

  • 連携型の中学校・高等学校

    既存の市町村立の中学校と都道府県立の高等学校が,教育課程の編成や教員・生徒間交流等の連携を深めるかたちで中高一貫教育を実施するものです。

高校入試について

【滋賀県高校入試情報】

  • 内申書情報

    内申書には、中一から中三の二学期までの9教科の成績が5段階評価で記入される。「総合的な学習の時間の記録」や特別活動などの記入事項もある。

  • 一般選抜の判定方法

    学力検査の成績(5教科500点満点)と内申書の内容で合否を判定する。学力検査に加えて、面接、作文、実技検査のいずれかを実施する高校・学科もある。学力検査と内申書の評価の比率(7:3~3:7)は高校・学科によって異なる。学力検査で傾斜配点を実施している高校・学科(コース)もある。

  • 推薦選抜・特色選抜情報

    これまでの推薦選抜に加え、平成18年度入試から、特色選抜がスタート。どちらの選抜方法を実施するかは各高校が決定。特色選抜では志願理由書が必要。また、各高校・学科が各々特色に応じた口頭試問・小論文・総合問題,実技検査のうち2つ以上を課し、選抜する。定員に対する比率は25~50%。

高校名 目標点数 比率※1 高校名 目標点数 比率※1
膳所 450 7:3 石部 200 5:5
堅田 240 5:5 甲西 300 6:4
東大津 400 7:3 水口東 400 7:3
北大津 200 5:5 八日市 400 7:3
大津 325 7:3 八日市南 170 5:5
石山 420 7:3 日野 210 6:4
瀬田工 250 5:5 八幡工 220 6:4
大津商 280 6:4 八幡 300 7:3
草津東 350 7:3 八幡商 280 5:5
草津 240 6:4 河瀬 330 7:3
玉川 325 7:3 彦根翔西館 220 6:4
守山 410 7:3 彦根東 420 7:3
守山北 240 5:5 虎姫 400 7:3
栗東 200 5:5 米原 400 7:3
国際情 300 6:4 長浜北 350 7:3
湖南農 150 5:5

※1.比率は、検査:内申書です。

【京都府高校入試情報】

  • 内申書情報

    内申点は、中一から中三までの成績が対象となる。5教科5段階の評定(75点満点)と実技4教科5段階の評定を2倍したもの(120点満点)を合計して、195点満点となる。

  • 一般選抜の判定方法

    学力検査点(5教科200点満点)と内申点の両方の順位が募集人員以内にある人が合格となる。選抜方式は基本的に単独選抜だが、京都市内の普通科第I類のみ総合選抜を実施。山城通学圏の普通科は、第I類と第II類を一括して募集する単独選抜がほとんど。

  • 推薦選抜・特色選抜情報

    推薦入試は多くの高校・学科で実施され、推薦枠はほとんどが定員の50%または70%程度。内申書、推薦書の内容、面接、作文などの結果をもとに合否が決まる。特色選抜は、山城、丹後、中丹、口丹の4通学圏で推薦入試と同時期に実施される。募集人員は高校ごとに募集定員の10%以内。

【大阪府高校入試情報】

  • 内申書情報

    中三の成績のみが内申点に入り、前期選抜と後期選抜では計算方法が異なる。前期選抜では学科によって異なり、190点満点~210点満点の学科が多い。後期選抜では計算方法によって3タイプに分かれるが、いずれも実技4教科が重視される。

  • 一般選抜の判定方法

    合否判定は、内申点と学力検査点(5教科400点満点)を足した「総合点」をもとに、内申書のそのほかの内容も参考にして行われる。内申点と学力検査の比重は、約4:6、約5:5、約6:4の中から各高校が選択する。

  • 推薦選抜・特色選抜情報

    専門・総合学科と普通科単位制および総合選択制高校で実施。学力検査点に加え、学科によっては実技または小論文および面接を実施する。なお、学力検査の教科と配点、内申点の計算方法は学科ごとに異なる。

もっとみる

三井海上
当社は三井住友海上火災保険の塾総合保険に加入しています。
ECC学園高等学校
十人十色の子どもたち: 発達支援の現場から
子育てがちょっと楽しくなる
スペシャルニーズサポーター養成研修

子育てコラムすべて見る

採用情報
アットスクールFC
発達支援センター ピアすまいる
おすすめ教材SHOP
スポンジエイジ

このページの先頭へ